スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マイシスターは誰?

12人の妹!?

小6くらいの頃だったか…
テレビをつけたら偶然「Love Destiny」が流れてきて、
なに、このアニメ…と衝撃を受けました。



そして、その後すぐにゲームを購入。
「シスタープリンセス」…タイトル名からして異彩を放っていますが、
とつぜん12人の妹ができるという、すごい内容のゲームw

シスタープリンセス 通常版シスタープリンセス 通常版
(2001/03/08)
PlayStation

商品詳細を見る

このゲームは、血縁、非血縁とEDが分かれるのですが、
非血縁が恋愛EDということになります。

長年マイシスターは誰なのか?と悩み続けている私。
さんざん悩みましたが、シスプリ1もシスプリ2も、一番最初に迷わず咲耶をクリアしてるあたりからして、咲耶が一番好きなんだと思います、春歌や鈴凛も好きだけれど。

シスプリは、妹によって主人公の呼び方が違うんですよ。
正統派の可憐は、普通に「お兄ちゃん」で、小さい妹の雛子は、「おにいたま」で、ミステリアスな千影さんは「兄くん」。
ボーイッシュな衛は「あにぃ」、メカオタの鈴凛は「アニキ」など。
呼び方にも、妹の個性が表れているのです。

私は「お兄様」と咲耶に言われるのが、一番しっくりきます(笑)
咲耶は、妹の中で一番「女の子として見て!」という気持ちが強くて、お兄様のお嫁さんになるんだ、とずっと夢見ているのです。恋に生きる女の子で、かなり積極的です。
でも、時々やきもちを妬いたり、落ち込んでしまう時もあって…そんな所もかわいい。
堀江由衣さんの声も、ぴったり!

20090723115732.jpg

シスプリ時代のG'sマガジンは、私の宝物。

毎回、美麗な天広さんの表紙と、シスプリの連載、シスプリファンの絵がたくさん載っていて、天国でした……。
この写真ではわかりづらいですが、もう何度も読んでるので、ボロボロ。
G'sを読んで、色々と美少女絵の描き方を研究しました。今でもたまに読み返すと励まされます♪

スポンサーサイト

2009/07/24 06:16 | ギャルゲーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

雨は、いつあがる?

私の一番好きなギャルゲーの「Memories Off」シリーズ。

私にとって、大切な存在すぎて、あえてレビュー書いていなかったけど、これからは、メモオフの記事もちょいちょい書いていこうかと思います。
もうすぐ、メモオフ6の続編も出るし、
メモオフ10周年だし、私とメモオフが出会ってからも10周年だし!!


メモリーズオフ(通常版)メモリーズオフ(通常版)
(2008/05/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


まずは、初代のメモオフ1stから。

天使の彩花ちゃんのパッケージに一目惚れし、プレイしてみたら…シナリオの切なさにびっくりしました。当時の私は、ギャルゲーマーとして駆け出しだったので、こういった作り込まれたシナリオのAVGは、初めてのプレイだったと思います、

ましてや、主人公が好きな女の子を失った…という、つらい過去をもっていて、私はメモオフの世界の深みに、ひきこまれていったのです。

メモオフ1stのキャラは、みんな大好き。
キャラによってシナリオの展開がかなり違うので、そこら辺は好みがわかれるとは思いますが、私はかおるちゃんが好きで、かおるちゃんのルートは何回もプレイしました。
台詞とか覚えちゃうくらい。かおるちゃんのルートは、友情から、恋心に変わって行く感じが、好きです。EDもいい。

あとは、みなもちゃんのルートも、とっても切なくて、忘れられません……。

しかし、なんといっても…やっぱり、メインヒロインの唯笑ちゃんがベストヒロインだと思う。だって、彼女の想いは、とても一途で健気で、見ているこっちが辛くなるくらいだ。
それでいて、彼女の想いは、主人公を、私を救ってくれる。

主人公の智也くんは、恋人を雨の日に交通事故で失い、その過去によって「心の中に雨が降り続けている」状態なのです。そんな彼の心の雨を、止めてくれる存在、いっしょに傘をさしてくれる存在が必要なのです。
唯笑ちゃんは、ずっと待ち続けている。智也くんが、また笑ってくれる日を。


「心に降る雨」というのは、メモオフシリーズの一つの大きなテーマでもあります。
「雨は、いつあがるのか?」「やまない雨があるなら、どうするのか?」
これは、メモオフだけに限らず、ユーザーの人生にも問いかけてきます。
人は、大きな悲しみに出会った時、どうすればいいのか?、と……。


2009/07/21 08:42 | ギャルゲーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コナミの本気?

「ラブプラス」というギャルゲーが気になる。

攻略キャラは3人ですが、自分の好きな外見や性格にカスタマイズできるらしく、それが500種類くらいあるらしい。
なんと、イベント数は4000本?とか…(コンプリートできる人いるのか?)

どうやら、主人公が頑張って、女の子の心をつかむ往来のギャルゲーではなく、女の子が主人公に好かれるために努力してくれるゲームみたいです。

コナミの本気ですかね?
あの「ときメモ」を生み出した、恋愛シュミレーションゲームの先駆け、
いや、むしろギャルゲーの先駆けとも言われているコナミ。
あなどれねえ。

リアルタイムのギャルゲーでも、私はEDがないとマンネリ化しちゃうと思うので、一応EDはあってほしいかなー。
リアルタイムならではの、季節や時間帯を反映した会話があるのはいいと思います!

あと、名前を呼んでくれるのは、コナミならではの技術やね。
なんて呼んでもらおうかなー。本名いれても、私、女だしなあw



2009/07/17 08:14 | ギャルゲーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

光見守る坂道で

CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another StoryCLANNAD 光見守る坂道で―Official Another Story
(2005/11/25)
KeyごとP

商品詳細を見る

CLANNADの外伝集の本をゲット。
連載当時、G'sマガジンで読んでたんですが、最終回を見逃してしまったので、気になっていました。昨日アニメイトに行ったら売ってたので、これは買わねば!と思い、即購入。

いやー…買ってよかった。これはいい。
CLANNADファンなら、買って損はない。むしろ得ですよ。読むべし!!
いやし系のCLANNADに、いやし系のごとPさんの絵ってめっちゃ合ってる。
終始あったかい雰囲気につつまれ、話の内容は、サブキャラもちゃんとピックアップされてるし、見所まんさい。本編の後日談もよかった!!

「大好きだよ、パパ」が…かわいすぎる。
朋也くんお父さんになったからね…しあわせになってよかったねー…
いやあ、CLANNADは私にしては珍しくメインヒロインが一番好きなんです。
渚ちゃん最高だね。あんな子と結婚したいです。

2009/07/11 22:23 | ギャルゲーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

夏影

あー

AIRの季節ですね

AIRAIR
(2002/08/08)
PlayStation2

商品詳細を見る


毎年、夏になるとAIRプレイしたくなるし、アニメ見たくなります。

でも、観鈴ちんルートは心がすりへるので、避けている気がする。。
つい美凪ちゃんルートを見てしまう自分はヘタレ

私がAIRに出会ったのは中学1年生の頃ですが、
あれから何年もたったのに、未だに話の内容を理解しきれていない気がします。
AIRに限らず、key作品ってそういうのが多いな。
初めて見た時に感じることも大きいけど、後になってわかってくる事がある。

AIRの曲はどれも神ですが、
「夏影」は元々ゲームのBGMだった曲だから、切ないんだけども、聴いていて妙に安心します。
個人的には「青空」とかも好きなんだけど、ゲームやアニメの中で直に聴いてもらった方がいいと思うのであえて動画はのせません。





2009/07/10 08:49 | ギャルゲーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。